北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
木成りの手帖

お風呂の話

  • 2015.06.26
  • その他

今回はおハーフユニットバスについて。

施工例にもちょくちょく登場する浴室で、

自然派趣向の方には気になる存在なのではないでしょうか。

なかなか目にする機会もないかと思いますので、こちらで

紹介をさせていただきます!

 

ユニットの防水性の良さを活かしながらも、浴室にも自然素材を。

そんな時には、このハーフユニットバスを勧めさせてもらいます。

水がたまる浴槽と、床のみがユニットとなっています。

上半分の仕上げはフリーになるので、タイルに木にもすることができます。

こちらは写真のようにハーフユニットの壁・天井を木にしています。これだけでも

あのユニット感はまったくなくなるかと思います。

 

_URM2311

 

仕上げを木にした場合はどんな木も使用可能なわけでなく、後々の木の持ちを

考え湿気、水に強い木を勧めさせてもらっています。

 

上の写真は、さわらの羽目板です、油分が多く耐水性に優れているために

おひつなどにも使われるようです。色が白っぽいのが特徴です。

価格もヒバやヒノキなどに比べるとリーズナブルで、柔らかく加工がしやすく

使い勝手の良い木材です。

 

 

そしてもう一種類青森ヒバの羽目板貼も勧めさせてもらっています。

こちらは耐水性のみならず、防カビ性能や、殺菌作用を持つ木で

まな板などのキッチン用品として使用されています。

香りも特徴的でヒバから精油されたものがアロマオイルとして販売されるくらいです。

木のぬくもりと合わせリラックスできるお風呂にはぴったりの材料ですね。

 

39kazekaoru-7

 

自然素材の中にも使い勝手の良い既製品をいれることで、安心、安全な浴室を

作ることが可能です。

 

岸田壮史

 

 

 

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報