北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
紹介します

そよ換気と床下エアコン

  • 2015.06.28
  • 北村 佳巳

先日の完成見学会を開催した逗子市の「はぐくむいえ」では無事にお引き渡しも済み新たなご家族の生活がスタートしました。
今回、パッシブソーラーシステムの「そよ風」の弟分である「そよ換気」を導入していますが、その機能をより効果的にするために、冷暖房の熱源もひと工夫をしています。こちらのお宅ではリビングにあるエアコンを床付近に置いて冬の時期は床下に温風を送り込んで床下から温める手法を採用しました。冬に晴れている時はパッシブソーラーが効きますが、曇りや雨の時などは取り込みがないので、その場合は薪ストーブやペレット、エアコンなどの熱を室内循環させて家じゅうを暖めるのですが、天候に左右されずに常に床下に温かい空気を送れるようにしようと考えたのがこの設置方法です。もちろん冬の晴れた日は、そよ換気によって暖かい空気を送り込むものの、サポート役にもなり、太陽が沈んだあとは引き続いてエアコンが熱源の主役になるというわけです。ちなみに冷房の時は、床下に入れると体感的に効きが悪いのと、結露するリスクがあるのでフラップを下げて床上に送風します。

普段はこのようにルーバーで納めています。

床下エアコン

床面のフラップを上げて、床下に温風を送ります。床は無垢の桧なので冬でも温かいのですが、さらにやさしい床暖房のような感覚になるかと。

床下エアコン そよ換気

普通のお宅では各部屋にエアコンをつけると思いますが、家じゅうをこのように冷暖房するスタイルのほうが一日を通してより快適で光熱費もかからなくなります。とくにこちらのお宅のような27坪ほどのコンパクトな家だと、より効果的。小さな家はいろんな意味でメリットもたくさんあるのです。


  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報