北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
木成りの家

杉床の魅力

  • 2018.10.26
  • 毛利 陽子

秋晴れが気持ち良いですね~。
社屋でもデッキランチが清々しく、青空を見上げながら葉擦れの音を聞くのがいいリフレッシュです。こんにちは、毛利です。

さて、横須賀市浦賀丘の「木陽の家」も完成に向けて、大きなところではあとは外構工事を残すのみとなりました。


「木陽の家」ではフローリングに吉野杉30㎜厚を採用しています。
我が家の賃貸マンション/合板フローリングとは大違いの柔らかさ・温かさ!冬、つま先立ちで素早く移動しないと冷たくてかなわない合板フローリングに比べて、杉はやさしい感触と温もりで足元から包んでくれます。

さて、ではなぜ杉は柔らかくて温かいのでしょう?

一見段ボールのように見えるこちらは、杉材を顕微鏡で見たものです。拡大すると木材はこのようにすきまだらけです。
05
杉をはじめ、ヒノキやマツなどの針葉樹は、このように空洞の比率が大きく空気の層が沢山あるのであたたかく、軽く柔らかい。
対してナラやチーク、ウォールナットなどの広葉樹は、空洞の割合が少なく身が詰まっているため、重くかたい。
サッシのペアガラスをイメージすると分かりやすいですが、シングルガラスより空気層を挟むペアガラスの方が断熱性能が高いのと同じことです。(空気層は概ね4センチまでは断熱効果が上がり続け、それ以上は空気層内部で対流がおこり断熱効果は下がるそうです。)

また杉は調湿性も優れているので、湿度が高くなると湿気を吸収し、夏でもさらさらでべたつきません。
保温性良し、調湿性良し、やわらかいので衝撃吸収効果もあって当たりがやさしく、膝・腰に不安がある方の体への負担も軽減して良いことだらけ!

ですが、やはり柔らかい反面、傷つきやすいデメリットも。
また環境によって木自体が収縮もするので、すきまや反りが出てきてしまうこともあります。

ただ、使い込むことで日に焼け、年輪が浮かび上がり、ツヤも増して風合いが深まります。
蓄積された傷や汚れも、暮らしの足跡のようなもの。そのひとつひとつに思い出が詰まり、「古美ていく」楽しみがあります。

と杉フローリングをべた褒めしましたが、言ってもやはり床暖房の暖かさにはかないません。そのため、床暖房をご希望の場合は温度変化に強いナラやチーク材などもお選び頂けますし、杉よりも木目が落ち着いたヒノキ材も選択できます。

ヒノキフローリング

ナラフローリング

チークフローリング

見学会では各種無垢材のサンプルも展示しますので、ぜひそれぞれの個性をご確認頂き、自分たちの感覚や好み、暮らし方にマッチするものはどれなのか、見ていただけたらと思います。


■■ 完成見学会のお知らせ ■■

「木陽の家」 in 横須賀市浦賀丘



日程: 平成30年11月18日(日)
時間: AM10:00~PM16:00 予約制


詳しくは「コチラ」からどうぞ


■■ 秋の「モデル見学」&「個別相談会」受付中 ■■
 
北村建築工房の「KINARI :  BASE」に建つモデルハウス兼アトリエ「KINARI :  MODEL」にて個別コンサルティングをはじめ、資金計画のアドバイスから土地探しのコツや見分け方、家づくりに関するご相談を随時承っております。隣接する代表自邸「KINARI : STYLE」も同時にご覧いただきながら、完成形のイメージや素材など五感で体感いただけるので、見学も兼ねてお気軽にお悩みやご相談など是非お気軽に個別相談会へお越しください。

詳しくは 「こちら」 からどうぞ

 

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報