北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
木成りの家

見えないものをデザインする

  • 2018.07.27
  • 浦崎 瞳

イベント続きの7月、今週もOB施主様・日頃お世話になっている近隣の方々のお披露目会を予定しています。
代表・スタッフブログでもこだわりデザインやコラボ作品など紹介させていただいています。
紹介させていただいた目に見えるデザインはもちろん、「目に見えないもの」まで丁寧につくるのが木成りの家です。

「心地良さ」を考えた時、温度や湿度、手触りやにおい、質感など「目に見えないもの」がとても重要です。
高気密・断熱性能に優れた断熱材を採用したり、庇の出し方、日射取得、通風などパッシブデザインを考えた省エネ重視の計画をしています。

「目に見えないもの」というのは、見えないのでなかなか差別化が難しい。。。
しかし近年は、建主に分かりやすいように温熱環境の「見える化」がどんどん進んでいます。

代表自邸のモデル住宅も建物性能の見える化をしてみました。
数値化するにあたり「気密測定」を実施しました。


外気に通じる開口・換気口を全てふさぎ、写真の筒から空気圧力を加えて家全体にどれくらい隙間があるか測定します。ここで出る数値は、「相当隙間面積(C値)」=気密性能を表し、数値が小さいほど高気密な建物ということです。

結果は、C値:0.40。
特に気密性能を上げることに配慮していない場合で3~5程度なので、優秀ではないでしょうか!?

そして外皮性能もシミュレーションしてみました。


●外皮平均熱貫流率(UA):0.5W/㎡K
●冷房期の平均日射取得率:1.0
○熱損失係数(Q値):1.9W/㎡K
○夏期日射取得係数:0.025

いつもは低炭素住宅や長期優良住宅などで基準値を満たしているか確認するために出すことが多い計算ですが、ここで登場する熱損失係数(Q値)や夏期日射取得係数は、冷暖房機器の選定や光熱費の計算などにも応用することができます。

家づくりは一生に一回あるかないかです。
目に見えない部分も出来る限りシミュレーションして後悔のない家づくりをお手伝いできれば嬉しいです^^

数値の「見える化」だけでは、いまいち分からん・・・という方は、体感していただくのが一番。
モデル住宅を基準としてもっと温熱環境を良くしたいのか十分なのか、もっと低くていいのか。
見学会で体感して頂き、家の性能を決める際の参考にしていただければと思います。

今週は、OB施主様や日頃お世話になっている近隣の方々に向けての開放日ですが、先週の見学会はご都合合わなかった方も大大歓迎です!!
ご予約お待ちしております。

urasaki

■見学会のお知らせ■

①代表自邸&モデル住宅兼アトリエ 2棟同時完成見学会 in横須賀市追浜

日程: 平成30年7月29日(日)
時間: AM10:00~PM17:00 予約制  詳しくは「コチラ」からどうぞ


②「木陽の家」 ~ 構造見学会 in横須賀市浦賀丘

日程: 平成30年8月5日(日)
時間: AM10:00~PM16:00 予約制  詳しくは「コチラ」からどうぞ

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報