北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
紹介します

俵屋旅館

  • 2012.12.08
  • 北村 佳巳

先週の鹿児島につづき、今週は京都へ。加入している「もくよう連」の忘年会を兼ねた定例会が俵屋旅館で開かれるためです。かねてから夢見ていた俵屋旅館に泊まることが出来て感激の二日間でした。
さりげなさ

チェックイン可能な午後二時早々に入館。何故なら自分が泊まる部屋だけでなく、メンバーの泊まる8部屋を見学&調査するためです(笑)

建築やしつらえ、そしてもてなしが素晴らしいことで有名な高級旅館。勉強の宝庫が詰まっている訳ですから皆熱心にスケッチしたり探ったりするので休むどころかエネルギーを使いすぎてしまうという事から、建築屋が泊まるとどこよりも疲れる旅館と呼ばれています。

ひと部屋だけでも濃密なのに、8部屋という贅沢。勿論、数時間ではとても身には入りきりませんのが、出来る限り頑張ってみました(笑)

随所に佇んでいたい場所ばかり。数泊ならば、とても街に出たいという気にはならないほどの見どころ、そして居心地です。

中庭の脇にある図書室は露出度が高いので、ここではあえて廊下の脇にさりげなく造られている「庭座」というスペースを。絶妙な広さ・・そして庭なのか部屋なのか錯覚する微妙さがとにかく素晴らしい。

俵屋 庭座

公開時間が決まっている「アーネストスタディ」 
(現主人の亡夫であったアーネスト・サトウ氏の書斎)
ピクチャーウィンドウのしつらえに目を見張る。

アーネスト

多くの人のブログなどで写真や感想を見ていましたが、やはりその空間に佇んでみなければ分からない建築特有の気がつかない事が山のようにあります。

素晴らしい仕事は勿論ですが、なかでも建築を使いこなすことの大切さを特に感じました。

限られた視界や空間をどのようにとらえて、どうしつらえるか、どう手を入れるか・・
それがどれほどの質の高い場を造るのかを改めて気付かされました。
この経験をこれからの家づくりに少しでも落としこんでいけるよう精進しようと密かに熱くなっています(笑)

知れば知る程、不思議が膨らんできます。また行きたいと思わせる魅力は通い詰めるほどに強くなるのでしょう。

建築やしつらえだけでなく、全く持って目障りのない程良い接客具合や感心する仕掛けなどの「さりげなくもニヤケてしまうような心遣い」が散りばめられている旅館。それらが俵屋の不思議な魅力となっているのだと感じます。

しかしそう簡単に泊まれるものではありません・・^^; これからモチベーションの糧にして頑張ろうと思います。そして今度は是非スタッフを連れて行きたいものです・・相当稼がねばなりませんが(苦笑)

名栗

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト