北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
木成りの手帖

管理と監理

  • 2015.10.28
  • その他

01f4903facc267d27d0761f5a3aabfb293b38bd246

鎌倉山の住宅も基礎工事が終わり、そして土台敷も済み、あとは上棟を待

つのみとなりました。ここからはいよいよ怒涛の大工工事、始まればあれ

よという間に形になっていきます。

ここから後戻りのできない作業が進んでいきますので、現場管理と同時に

現場監理が進みます。

現場監理は皿かん(管理と監理を区別するため)とも呼ばれ、主に設計

通りに現場が進行しているか、設計者の視点からチェックをするものです。

設計図をもとに、施工者、設計者のダブルチェックとなります。

設計班と施工班を分けるメリットはこのダブルチェックにあるかと思います。

しっかりと「カンリ」がなされるわけですね。

そしてそのおもな監理は、まずは性能が確保された家になっているかから

始まります。大きなポイントとしては、構造と防水です。

 

木工事がこれから始まりますので木構造のチェックポイントについて。

いろいろとチェックする項目はあるJのですが代表的なところとしては

金物がしっかりと施工さているかが重要なポイントとなります。

 

木構造はコンクリート造とは違い、柱、梁、筋交いなどがばらばらに

なっておりそれを組み上げます。そのそれぞれをしっかりと緊結するために

金物を使うのです。 設計通りに決められた金物が決められた場所に

あるかから始まり、金物にあったビスが、既定の本数打ちこまれているかなど細

かくチェックを行います。

DSCN2391

 

DSCN2416

 

下の写真の金物はホールダウン金物といって地震などで建物が揺れた時に

柱が抜けないように基礎などから柱を引っ張る金物です。

(15、20など数字が大きいほどそこに大きな力がかかります。)

今の木造住宅には必要不可欠で最もベーシックともいえる金物です。

このような金物を一つ一つ確認していくのです。黙々と図面にチェック

を入れていきます。

 

本当に基本的な場所かつ、建物の性能に大きくかかわる場所ですので

慎重なチェックが必要となります。

そして次の大きなチェックポイントは防水です。工程に合わせまたここで

紹介をしたいと思います。

 

岸田

 

 

 

 

 

 

 

 

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト