北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
現場にて

9坪の小さな家。

  • 2016.06.02
  • 毛利 陽子

葉山のすぐお隣、横須賀市芦名で建築中のcasetta546(カゼッタ ゴーヨンロク)は、大工工事もほぼ終わり、内装工事に入りました。
5.46m角のこのお宅は、建築面積9坪、延べ床面積18坪という小さなお宅です。
とは言え、体感広さを出来るだけ広くしたいという狙いを各所に散りばめています。
小さいからこそ視線の通り方はとても大事で、外に内部に視線が抜けるよう工夫すると、同じ㎡数でもどん詰まりのマンションよりも、とても広く感じ、頭でイメージする5.46mの広さの感覚をくつがえしてくれます。

DSCF8184
外観は、黒のガルバリウム鋼板に木部のアクセントを効かせた当社定番の仕上げで、シンプルにまとめました。
ここに庭の植栽が入ると、また緑が映えて良い感じになるだろうなとワクワク^^

また、今回は1階に居室・水廻り、2階にLDKという平面構成なのですが、2階リビングのときに配慮したいのが、1階の冷え対策です。
普段の生活が2階中心となると、皆が集まり暖房する2階と無暖房の1階では大きな温度差が生まれてしまいます。
これは小さな家、大きな家、関係なく起こる問題です。
そこで今回は、基礎にエアコンを設置して、床下から1階床面を暖め、併せて床面に設けるガラリから各所に暖気を送り、緩やかな対流で全体的に暖房するという温度ムラ対策を施しました。
効果を早く体感したいですが、これは冬までのお楽しみ。また別にご紹介しますね!

小さい家のサイズ感はまず体感してみないと分かりません。
この広さでもいけそうだな、これにタタミコーナーを足したいな、書斎も欲しいななどなど、ここをベースに1坪2坪増やすなど検討されても良いかもしませんね。
完成見学会は夏にご案内できると思いますので、引き続きチェックお願いいたします!

「小さい家」についての北建の考え方はこちら↓のコラムでもまとめています。チェケラー!
・・・イエづくりコラム

モウリ

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報