北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
豆知識

省エネ性能の見える化「BELS」

  • 2016.06.10
  • 毛利 陽子

晴れるともう夏のような日差しですね。
1年生の息子は、今日から学校のプールがスタートしました。絶好のプール日和、楽しんでいるだろうな~^^

さて、近年住宅の温熱環境の計算方法が見直され、より現実の仕様に近い形で計算できるように進化しているのですが、まだこれは長期優良住宅や低炭素住宅といった枠組みの住宅だけで、一般的な家では、暑かろうが寒かろうが、温熱環境は最低基準さえも建築基準法では規定されていないというのが現状です。

それがようやく全ての住宅において、2020年に省エネ基準適合を義務化するというされることとなったのですが、そんな中、省エネ性能という専門的な話しをユーザーに伝えるための表示方法、分かりやすさが課題のひとつにありました。

そこで、今年の4月から省エネ性能表示制度「BELS(ベルス)」というラベル制度が始まっています。(※非住宅建築物は平成26年から施行スタート)

これは、住宅のエネルギー性能を第3者が評価して、建物の燃費性能を★の数で示したもので、車や家電のように省エネ性能を見える化して、直観的に分かりやすく比較できるようになっています。
住宅の断熱性能(外皮計算)と、使用する住設機器・冷暖房・照明・給湯器等の性能を具体的に入力して導かれる一次エネルギー消費量の数値で求めます。

BELS1-2

最高ランクは5つ星★★★★★で、2個が省エネ基準適合、3個が低炭素認定基準適合です。
下欄には、具体的な数値も表記されるので、より内容の違いも確認できます。

そこで、現在計画中のS様邸の仕様で評価項目を入力して自己評価してみたところ、無事★5つ獲得できました。

BELS2
BELS3
正式にBELSラベルを取得するには別途申請・審査が必要ですが、今後認知度が上がれば建物性能の評価ツールとしてより有効的になっていくでしょうね。今後に注目です。

ただ、省エネの視点ばかりが評価されがちですが、車や家電と違うのは、住宅においては快適で健康に暮らすための性能であるということを忘れてはいけません。
省エネのため冷暖房の使用を控えるのではなく、効率良く使用するために家の性能を上げるのです。
ヒートショック関連の死亡者数は、交通事故死の4倍の年間一万人を超えるという現実から、家族の健康と命を守るため、そしてそのおまけで光熱費が浮くという性能を、しっかり担保していきましょう。

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報