北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
豆知識

木の節について

  • 2016.07.22
  • 毛利 陽子

先日開催しました横須賀芦名の「casetta546」の完成見学会にお越しいただいた皆さま、ご来場誠にありがとうございました。
さて、その中で数名の方から偶然にも頂いた同じ質問がありました。

「木の節ってなにものですか?」

ということで、今日は少々解説いたします^^

木の節は、簡単にいうと「枝の根元」です。
木の幹が太くなる過程で、枝の根元が幹の内部に包みこまれてしまったものが節になります。

節には生節(いきぶし)と死節(しにぶし)があります。
生節は、枝の根元が生きている間に幹に取り込まれたもので、幹の組織と枝の組織が繋がっています。
反対に死節は、枝が枯れた状態で幹に取り込まれたもので、幹の組織と枝の組織は繋がっておらす、単に異物が閉じ込められた状態です。そのため節がぽろっと抜けてしまう場合があるので、木片を埋め木します。

木材は、この節の有無や大きさ・数で美観的な等級があり、金額差があります。

『無節(むふし)』
節がまったく無いものです。木を育てる長い間に枝打ちを丹念に行った木から無節がとれるので、手間ひまがかかっています。高級品です。
桧無節
『上小節(じょうこぶし)』
直径約10㎜以下程の節が1m間隔に1つ点在しているようなものです
『小節(こぶし)』
直径約25㎜以下程の節が1m間隔に1つ点在しているようなものです
桧上小節
『節有り』
大小の節が点在、価格もリーズナブルです
桧節有

上の写真は全て桧フローリングですが、節の量の違いで印象が変わりますね。
最近は「節有りの方が自然の木材らしくていい」というお施主さまもいらっしゃいます。
節有り・節無しは同じ材種でも表情が大きく変わってきますので、部屋の雰囲気や見た目の好み、そしてコストを考えながらご検討ください。木には枝があるものですから、節を見ながら昔ここに枝があったのねと、ふと木の元の姿に思いを馳せても面白いかもしれません^^

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト