北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
イベント

「ハレノヒハウス」の構造見学会 開催しました

  • 2016.10.29
  • 北村 佳巳

ご報告が遅くなりましたが、先週の日曜日に横浜市金沢区の「ハレノヒハウス」の構造見学会を開催しました。

構造見学はとても地味なイベントですが、家の基本性能や造り、なかでも地震や省エネという大変重要なポイントを見るには欠かせないタイミングです。
今回も大変多くの皆様にご予約を頂き、パッシブデザインされた設計とオール国産材の構造と断熱の状態をしっかりと見て頂くことが出来て充実した一日となりました。

長期優良住宅&地域型住宅グリーン化事業の認定を受けた30坪ほどのお宅は、耐震性能を最高3等級として、紀州の樹齢60年を超えた構造材・自然素材の採用とともに、ZEH(ゼロエネルギー住宅)の水準を超えた省エネ・断熱性能をもったバランスの良い気持ちのいい家を目指しています。

ハレノヒハウス 構造見学会

この住宅は性能を見える化した基準に当てると

・HERT20 では 「G1レベル」 (H25年改正省エネ基準から暖房負荷を30%以上削減できたもの)

・BELS(ベルス) 「省エネ性能表示制度」 では 最高ランクの5つ星★★★★★ (H25年改正省エネ基準から一次消費エネルギー25%削減となる)
 
車や家電のように省エネ性能を見える化して、直観的に分かりやすく比較できるようにと、住宅の断熱性能(外皮計算)と、使用する住設機器・冷暖房・照明・給湯器等の性能を具体的に入力して導かれる一次エネルギー消費量の数値で求めますが、今回は東北の北部地域(青森・秋田など)の基準相当となります。ちなみに3つ星が低炭素認定基準適合住宅・住宅性能表示最高の5等級、2つ星がH25年度の省エネ基準適合となります。

小屋には「そよ換気」の部材も取り付けられ、採熱面となる南面屋根にはネオマフォームを90mm入れて、その他は従来の現場発泡に比べ1,5倍の断熱性能をもったスタイロスプレーを採用しました。
床下も室内と同環境になるため、防蟻材には人体に影響のないホウ酸を用いた木材保存剤を使用して健康と躯体の高寿命への配慮を実現しました。
揮発・蒸発することがないため、基本的に再処理が不要というランニングコストにも貢献できるシステムです。

パッシブソーラーシステム
紀州山長商店 杉 現場発泡断熱

さて、ここから日々出来上がっていきますので是非完成時にはパッシブデザインとソーラーシステム&薪ストーブという高いパフォーパンスで、気持ち良く暖まったお宅を体感できると思いますので是非お楽しみに!


  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報