北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
現場にて

タイル七変化。

  • 2017.01.17
  • 毛利 陽子

金沢区西柴の「ハレノヒハウス」、工事は外構へと移り、内部は器具付け等を残すのみでほぼ出来上がりました。
今回内装仕上げは月桃紙をメインに採用し、月桃の繊維がうっすら浮かぶ、ほんのり色づいた優しい空間に仕上がっています。
そして内外のタイルも貼り終えています。

まずは洗面台。おだやかなグリーンのモザイクタイルを使用しました。
ハレノヒタイル③
そしてキッチンでは150×75㎜のやや大きめのサブウェイタイルを採用。
ハレノヒタイル②
このタイル、実は「麦風のいえ」で使用したものと同じなのですが、まったく異なるイメージで仕上げています。

はい、見比べてみましょう!

「ハレノヒハウス」
ハレノヒタイル①

「麦風のいえ」
麦風タイル
まず、タイルの貼り方が違います。
そして目地の色も違います。
同じタイルでも、印象がまったく異なると思いませんか?
そう、ひとつのタイルでも縦にしたり横にしたりずらしたり、さらに目地の色を変えれば、何通りもの表現ができます。

キッチン廻りは特に清掃性も大事なので、第一にそこをベースにご相談していますが、
タイルも部屋の要素としてアクセントとするのか、反対にできるだけ目立たせずシンプルに仕上げるのか、
そういったところもお施主様とひとつひとつ検討して、家全体のイメージを整えています。

2月末には完成見学会をご案内できると思いますので、引き続きチェックよろしくお願いします!ハレノヒハウス外観

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報