北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
現場にて

デッキで「パーン!」

  • 2005.06.04
  • 北村 佳巳

引き続き、洗い出しをお話した現場でアプローチデッキを作りました。
 
ipe3材料はイペ材という凄く硬くて重い木です。海辺のプロムナードデッキ等に使われるほどです。無塗装でも高寿命の優れもの材料で、皆さんが良く耳にするアイアンウッド(ウリン)材と共によくデッキ材に使います。
 
 
 
 
 
 
そのような長所がある代わりに短所は加工が大変な所です。ビスなんて直接なんて入らないのでキリで下穴を開けるのですが硬すぎて煙が出てくるし焦げ臭くて大変。まるで石器時代の火起こしの様ですよ。一気に下穴を開けずに2度3度と削りカスを出しながらいかないと中で水分が水蒸気爆発のように「パーン!」と破裂するのです。
 
かの申す私も調子に乗ってあけてたら「パーン!」となり焦げたカスが目玉に当たってさあ大変!やけどしてしまいました。今も目が痛い・・・。焦ってはいけませんね?。しかしレッドシダーデッキに比べると倍疲れる感じがしてヘトヘトです。
  
よく施主の皆さん耳にするでしょ?「この材料は手間がかかるので・・・」この意味ちょっと分かってもらえましたか?扱いづらい材料・商品は工程が増えたり、作業時間が大幅に増えるのです。(床材で言えば、幅広の複合フローリングを張るのと小幅の無垢の堅木を張ることの作業量の違い)商売としては金額が増えてもおいしい部分にはなりません。
 
それなのに何故、使いやすい手切れのよい材料でなく、使い辛い材料を使うのでしょう?  そうです、当たり前の事ですがそれは使うだけの価値があると思うからです。施主の皆さんは、金額は勿論ですが長所・短所・工事条件等を請け負い業者さんによく説明を聞いて材料を選定するようしてください。すると曲者だったその材料が愛らしく思えてくるかもしれませんよ。
  
そうそう。このデッキ見た目は綺麗に羽目材(横板)が貼ってありますが実はローラーキャッチで床下が外れるようになっていて色々収納できる様になっています。いいでしょ!これ・・・
  
ipe2ipe1施主さんの綺麗にできる限り物を収めたいとのお願いから出来ました。 「手間がかかる」ので材料費と手間賃は追加でしっかり頂きます!(笑)
 
 
 
 
   
イペ材をデッキに使われた「夢職人」さんの記事も読んでみてくださいね。
 
 

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報