北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
ウラ話

話題の分離発注方式②

  • 2005.06.08
  • 北村 佳巳

待って!?くれてました? 昨日の続きです「話題の分離発注方式って・・・其の2」
 
・・・良い家づくりってその裏方仕事が凄く重要だと思うんだけど。その裏方仕事は誰がやるんですか?」(前回はここまで・・)

A:「それがさ?・・ いないんだよ。そこが問題なんだよね。各工事は施主が発注主だから業者間でいえば工務店の協力会のような横のつながりがないので、みんなバラバラで自分たちの工事さえ良ければ・・・ってな感じだよ。」
 
北:「でもそこが管理業務を代行している設計事務所の出番ってことだけど、設計士さんがいわゆる現場監督をしてるんでしょう?」
 
A:いやいや監督業務なんて殆どしてないよ。普通、注文住宅だったらせめて1日置きぐらいには現場回ってないと現場の進行に影響出るでしょ。実際の内容は今までの設計管理と大差ないよ。打ち合わせには行くけど工事自体良く見ていないし、それにもし後で問題が出ればクレームは直契約している各業者に責任追及がいくから気楽なもんだよ。契約上はなんの利害関係もないもの。それに細かい工事の単価等、施工に長けてる設計士は希少じゃない?工程管理なんてなおさら難しいし、殆どお任せって感じだね。」
 
北:「ありゃりゃ・・そんなもんなんだ。じゃあ検査機関とかは入ってないんですか?」
 
A:「性能保証と工事中の損害保険に対応する保険料を客に負担させるけど、俺が手伝っていたときは設計要領もなかったし、住宅保証機構やJIOのような第3者による管理体制が徹底されてないので、各設計者の判断にまかされというラフなもんよ。」
 
北:「それはAさん。例外だったんじゃあないですか?その辺はしっかり出来てると思ってたけど・・・。それ以上に一番気になっているんですけど、現場や竣工後のトラブルやアフターはどうなってるんです?」
 
A:「一番の問題はそこかもね。元請工事ならどの職種に落ち度があろうと、発注者は元請業者に責任を追求できる。住宅は複合物で業者の仕事の範囲って重なってるでしょ。だから問題が起きた時、原因がどこか、責任は誰かはっきりされないことが多い。現に、訴訟のケースも多いんだ。契約性質上、強制力も使えない設計事務所が頼りにならないので施主さん泣いてることもあったけど。」
 
北:「金銭が絡まないっていうのも問題なんですね?。適正な工事価格の為に入札制度をとっているけどそれはどの様な感じです?」
 
A:「よっぽど理想の高い職方はともかく、現場がやりにくいのはわかっているので、出値も元請値段より割高になってる感じがする。設計士のほうは毎回知らない業者では面倒なので段々使いたい業者に落とすようになってくる。中には現場運営協力費と称して、バックしている例もあると聞いたことがあるよ。施主としては分離発注なので原価が「ガラス張り」に見えるけど、実際それが「自己責任のリスクと苦労」「減額分」を天秤にかけてどちらが結局「得」なのか考えてもらいたいな?。」
 
北:「そうですね。色々聞いてきて私、決めました。明日から分離発注やろうかな?リスクなくて確実に儲かる!(笑)それに設計事務所より絶対いい現場管理できる自身ありますよ。(爆笑)
でも私の先輩(建築家)が前に自分で分離発注やってみたけど「現場にかかりすぎて割に合わない」って嘆いてました。その人、施工分かってるし、まじめだから儲からなかったんでしょう。(笑)必然にやれば結局全体の工事費って元請と大して変わらなくなるんじゃないですかね。」
 
A:「そう思うよ。淘汰の時代だから色んな方式で業務範囲を広げて”一石二鳥”狙いになるでしょ。健全を目指したシステムのはずが”本末転倒”にならないように祈るよ。俺はもうやらないけど・・・」
 
北:「でもこの混沌とした業界のなかでは、目立った工事形態ですよね。但し、システムというものには完全なものはないと思うしそれを選択するかどうかは自己責任が”重大”だということですので、慎重に考えてもらいたいですね。」
 
*分離発注方式で建てて満足している方も勿論、大勢いらっしゃいます。どこにも問題と注意点はあるという観点からこの記事を捉えて頂きたいと思います。関係者の皆様どうか目くじら立てないで下さいね!…m(_ _)m
 
この分離発注方式について分かりやすく書かれている「住まいづくりコンシェルジェ」若本さんのコラムも是非ご覧になってください。
 
長い文章最後までお読みいただき有難うございました。おしまいです!
 

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報