北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
思うこと

中国のシックハウスの事実

  • 2005.07.20
  • 北村 佳巳

ショッキングな報道があった・・・。

中国の北京市内にある、改修して1?2年以内の子供部屋500室が調査を行ったところ 1立方メートルあたり0.1ミリグラムの国家基準を超えるホルムアルデヒドが検出された部屋は361室で、全体の72.2%を占めた。最高で、基準値の8倍もの濃度のホルムアルデヒドが検出された。

 室内環境センターの宋広生・主任は「高温の夏は、ホルムアルデヒドの濃度が他の季節より20?30%高い。子供部屋の木製家具、プラスチック製のおもちゃ、カーテンなどがホルムアルデヒドの発生源だ」「夏休み期間、子供は1日の80%の時間を室内で過ごすため、ホルムアルデヒドを長時間吸入すれば、白血病が容易に誘発される」と危険性を指摘している。

 中国では白血病の患者は毎年4万人増えているが、そのうち半数は子供で、2?7歳児が多い。北京市児童病院で白血病にかかった子供のうち、90%近くが家を改修したばかりだった というデータもある。

(編集担当:菅原大輔)
(サーチナ・中国情報局) – 7月19日 より抜粋

 

シックハウスが白血病を誘発因子であるということが初耳の方は驚かれたはずです。でも日本ではシックハウス対策が法律で決められているから安心でしょう・・・と皆さん思われるでしょう。でも今回のアスベストの一件の国の対応を見てください・・・既にご承知の通りですね。

シックハウス対策も同様なのです。まだスタートしたばかりで規制対象にすべき物質は数多く存在します。まだ対策は始まったばかりです。

ですから私の会社では

■F☆☆☆☆の建材(現状の規制をクリア)はあくまで低ホルムであり、私達は「ゼロ」ホルムをご提案します。

■未規制でも有害と見られる科学物質を始め、シックハウスの原因物質が揮発しない材料を使う必要をお客様に解りやすく説明し、ご理解していただく努力をしております。

このように無垢材・自然素材を始めとして、住む人の健康と環境に配慮した材料を使って

アレルギー症状を悪化させない・化学物質過敏症を誘発させない住宅

      = 「アレルギーフリー住宅」     を目指します。

また具体的な方法や材料は何回かに分けてお話していきます。

珪藻土2

珪藻土でリフォームしたこの写真のお宅の娘さんはアトピーが少し改善したと実感されています。勿論、病気の方が良くなるとか、誰でも改善すると言うものではなく、「これから発症させない」、「悪化させない」という健康配慮を目的としていますのでこの辺はしっかりとご理解しておいてください。

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報