北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
いっぷく話

町屋造りの温泉

  • 2008.01.08
  • 北村 佳巳

正月の間に1泊2日で家族サービスへ出かけてきました。山梨の「ふじてんスノーパーク」へ行ったあとに富士急ハイランドで絶叫してきたのですが・・・と、この辺は裏ブログネタにさせていただいて・・(笑)。ふじやま温泉
隣接する温泉施設「ふじやま温泉」に入った途端に驚いた。
なんとケヤキの無垢柱が並んでいるではありませんか。やはり張りぼてでは無いし、貼り物でも無い。どう見ても巾2尺(60cm)はある一本モノです。

タオルも投げ捨て、生まれたままの姿で「おお?っ、すげ?」と叫び、舐めるようにへばりついていたら湯船の中の皆さんに変な顔をされてしまいました(笑)
でも本当に誰も興味が無いようでしたので「いやいやコレはね・・」と説明したくなりましたがそこは気持ちを抑えて湯船に入り、じっと架構を眺める・・。

何も知らないで入ったのですが、後でパンフを読んで見るとしっかりとこう書いてありました。


「温浴棟の建築は飛騨高山の重要文化財建築物「日下部住宅」をモチーフに現地飛騨高山より職人を招き、伝統工法を駆使した釘を使わない梁組みで「町屋造り」を再現しました。温浴棟は延べ面積約1,000㎡あり、中でも天井高12メートル、100坪を超す”純木造浴室”は日本一の大きさを誇ります。木材はケヤキ、ヒノキ、マツを使用、メインとなる柱は樹齢200年超と言われる直径60センチのケヤキを使用しております。 」

まさか遊園地の温泉施設に本格的な「町屋造り」があろうとは・・、嬉しい誤算となりました。このような構造は名所に行けば幾らでも見れるが温泉棟自体を木造でしかも伝統工法で建てるというのは珍しいと思います。やはり「癒し」と「本物」を求める時代だからなのでしょうか?でもこの玄人向けのこだわりが集客効果を高めているとは思えないが(苦笑)、少なくとも私は富士急さんの心意気はしっかりと感じましたよ。

是非遊びに行かれた方は隣接した「ふじやま温泉」お勧めです。富士急ハイランドご自慢の絶叫コースターでではなく、温泉浴棟でエコーの効いた「絶叫」をしながら柱に抱きついてみてくださいね(笑)。

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報