北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
イベント

そよ風セミナーin東京明日館

  • 2012.05.30
  • 浦崎 瞳

こんにちは、ウラサキです。

先週、東京の明日館までパッシブソーラーシステム「そよ風」のセミナーに行ってきました!
すでに弊社でも何件か採用されていますが、復習も兼ねてスタッフ皆でお邪魔しました。

講演会では2名の建築家のお話を聞きました。

私が生まれた頃(28年前…)から空気集熱式パッシブシステムに携わってきた
アトリエフルカワ主宰 古川泰司氏。

これまでの約30年間のパッシブソーラーシステムの移り変わりや苦労話を詳しくお話してくださいました。いまではこの仕組みが当り前ですが、そよ風のシステムもいろんな人々の研究や苦労の積み重ねの結果なんですよね^^パッシブソーラシステムで一番重要な気密の取り方の苦労など興味深いお話がたくさんありました。

そしてもう一人は、パッシブソーラーシステムと薪ストーブを合わせた設計を得意とする
松原正明建築設計室主宰 松原正明氏。

設計事例を交えて、そよ風を採用する上での経験上のメリット・デメリット等をお話してくださいました。見学会でもメリット・デメリットはよく聞かれる話。約50件もパッシブソーラーシステムを採用してきた方の実体験に基づいた話はとても参考になりました。

その後は、そよ風の仕組みと導入方法。これは、実際採用したことがあるので復習。

そして、私がとても興味深かったのは「そよカルク」の話。
※「そよカルク」とは、制御盤に挿入されているSDカード内のファイルを転送することでそよ風の温度データの状況を閲覧することができるシステムです。

導入している各家庭のそよ風の温度状況を把握できるだけでも  十分興味深いのですが、データのグラフからそよ風の動作異常を見つけることも可能です。
機器の接続やセンサー取付部に異常がでた場合、正常運転時のグラフ波形と比べて、違いをチェックして故障部位を特定した上で修理を行うことができます。

但し、そよカルクを利用できるのは、制御盤にSDカードが挿入できるタイプのものに限られてしまいます。当てはまるタイプの制御盤をお持ちの方は、ぜひ試してみてくださいね^^

最後に・・・今回、文字ばっかりになってしまったので、写真を一枚。
本日セミナーが行われた講堂と共に重要文化財指定されている、自由学園明日館。

自由学園明日館1921年に巨匠フランク・ロイド・ライト氏の設計により建設されました。(※講堂は、助手の遠藤新氏設計。)
木造・漆喰壁の建物で空間を連続させて一体構造とする設計は、枠組壁式構法(2×4構法)の先駆けとの見方もあるそうです。

内部は開放されいて、喫茶室もあり見学だけも可能ですので興味のある方は池袋にお越しの際はぜひお立ち寄りください^^
私は、時間がなく見学できませんでしたので今度ゆっくりプライベートで行こうと思います!!

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報