100年続く代々変わらぬ「家づくりはお施主さんと一緒になって造りあげていくもの」という想い


私たちは家づくりを通して人々が心豊かに暮らせるためにすべきことは何かを常に追い求めていますが、それには家だけでなく、庭や土地、家具や暮らしの道具まで含めたトータルなものづくりが大切だと考えています。

私達のこだわりや姿勢に共感してくれたお客様を中心に、多くの職人や作家たちとものづくりのときめきや楽しさを享受しあいながら、関わる全ての人に「心に響く」ことを大事にしてものづくりに取り組んでいます。

響きとは心に届き感性を揺さぶること。価値観や感性を共有してものづくりをすることの楽しさや素晴らしさを伝えていきたい。それにはまず私たちがときめき響き合うことが必要で、そのために日々自問しながら皆さんの期待に応えるべく、切磋琢磨に励み感性を磨いています。


様々な工法や機能が進化し続け、情報が氾濫する中で、ハード面ばかり強調した家が多く目に付きます。性能は高いに越したことはありませんが、どんなに優れた機能を揃えてもやはり「家は安らぐ、気持ちのよい住処」であるべきです。

暮らしの中では見栄えや肌触り、風合いの良さといった、数値だけでは測れない五感を生かした居心地の良い空間づくりを大切にしています。

また私たちは本物の素材を用いて、本来あたり前であったはずの無垢材や自然素材を気張ることなく正直に扱い、生成りの普段着が似合うような「愛着をもって永く暮らせる家」にこだわり続けてきました。

それは、画一化された工業製品のように経年劣化していくものではなく、味わい深い風合いに経年美化していく本物の素材を活かした家は、手を入れながら大切に住みたいという思いを生み、時が経つほどに価値が高まるような家となります。そしてゆるぎないその本物の価値観は、また次の世代の心に響き、大切に住み継がれていく・・・そんな居心地のよい家づくりを提案しているのが北村建築工房なのです。


いい家づくりのために特に心がけているのは「ていねいに暮らしをデザインする」こと。

デザインと言っても奇抜な設計や格好良さを指すのではなく、家の基本性能や温熱環境をはじめ、家事動線や造作の使いやすさ、また視線・手ざわりなど五感への配慮、そしてコストなども含めて細部にわたりバランスよく「しつらえる」ことを意味しています。

そこで北村建築工房が考えるいい家とは、住まい手の身の丈に合った必要充分な大きさと余白をもった暮らしができる住まいのこと。

それには凛とした空気感のようなものがあり、上質な時間が流れている気がします。

決して造り込み過ぎず押しつけでもない、それでいて設計者や造り手の想いを隅々に感じてふと嬉しくなるような飽きのこないデザイン・・そして暮らし始めてからも住まい手がゆっくりと家を育むことができる余白を残し、家族構成など暮らし方の変化にも柔軟に対応できるシンプルなロングライフデザインを心掛けています。

どんなに良い設計をして詳細な図面を多く書いたとしても、北村建築工房では現場管理にはしっかりと時間を費やします。工程や作業の徹底管理は当然として、現場に寄り添い職人の技術や発想を生かしながら家という一品モノを共創することで「プラスαの仕上がり」が生まれることを肌で知っています。それはひたむきな想いが結果に表れるという表現がふさわしいかもしれません。

ですから決して無理な工程スケジュールは組まずに、現場にじっくりと寄り添える体制にしています。そのため、お受け出来る仕事が限られるので、お待ち頂くかやむなくお断りするケースも少なくありません。ですがそれが結果として関わる人全ての人のためになると考えて、あくまで現場を大事にする「一品主義」を貫いています。

私たちが100年近く地道に続けてこられた理由のひとつに、どんな小さな工事でも細めに対応した「家守り」があります。

新しく建てるばかりではなく、家を永く使っていただく為のアフターやリフォームの仕事を行える技術力を確保しておく必要があると考えています。

実はそんな地味で細かな仕事を生かし、北村建築工房では多くの経験と技術力をフィードバックしており、それらを施工時の見栄えだけでなく、メンテナンス性も考慮したリスクの少ない施工や設計手法に生かしているのです。


住まい手の「夢をカタチに」するのが私達の使命ですが、要望された注文を数多く実現することが最高の家づくりになるとは思いません。凝り固まった常識や溢れる情報に惑わされ、正しい基準が持てないまま、お客様はできる限りの注文を並べてしまいがちですが、残念ながら本当の優先順位やこだわりに気づいている方はそう多くはありません。

ですから北村建築工房では、施主の要望ばかりを取り込むことにエネルギーを注ぐのではなく、施主にじっくりと寄り添いながら「本当に実現すべきこと」を見つけ出し、その家づくりならではの「最適解」を提案することに全力を注いでいます。

そのために施主の皆さんにも何が必要なのかを見極める自分なりの基準(ものさし)を持つことが家づくりの成功には欠かせないことから、二人三脚となってものさしづくりにじっくりと取り組んでいます。

そして私たちも家づくりのための独自の「ものさし」を持っています。

そのものさしを基準に、「やるべきこと」と「やらないこと」を決めています。

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト