日々の暮らしにうるおいを。

木陰に憩う、花や実や紅葉を楽しむ、季節の香り、芽吹きの美しさ、小鳥のさえずり、旬の美味しさ。

緑のある暮らしは、春夏秋冬、繰り返す自然の営みのなかに、日々の喜びと安らぎを感じさせてくれます。

また緑の力は、エコで快適な暮らしも提供してくれます。

夏、枝葉が木陰をつくり強い陽射しを遮ると、建物の外壁や地表の温度上昇を防いでくれます。すると日なたと木陰との温度差から風が生まれ、さらに一枚一枚の葉の蒸散作用によって冷やされた周囲の空気も相まって、住まいの中に自然の冷気が流れ込み、天然のクーラーとなって活躍してくれます。

niwa_02

秋には葉が落ちて、冬の低い太陽高度の暖かい陽射しを室内にたっぷりと取りこむようにすれば、太陽熱エネルギーを沢山取り込むことが出来ます。敷地の廻りに並べて植えるだけではなく、開口部や建物のそばにも木を植えることで、自然をより近くに感じられ、樹木の自然空調の恩恵を受けることができます。

そして住まいは街の景観の一部でもあります。

植物の成長と共に、家の表情は豊かになり、街並みの一部として馴染んでいきます。

家と緑がとけあう景色は家の佇まいを豊かにするだけでなく、街並みに彩りを加え、地域の人々の心にもゆとりを与えてくれることでしょう。

そう、庭で暮らしはもっと豊かになります。

家づくりと庭づくりを一体に考えることで、暮らしの中の随所に景色を取り込み、自然を感じるしつらえが用意できると、実際以上の空間の広がりを感じられるとともに、住環境はより豊かで快適なものになります。

「敷地全体を生かす」こと、そして独りよがりではない「地域の街づくりに貢献する」意識をもって、せっかくある敷地を最大限生かしつつ、ウチとソトをつなぐ、本当の意味で「自然を取り込んだ気持ちのよい暮らし」を実現したいと考えます。

ページトップへ

雑木の庭づくり

自然の木立に包まれた、つくり込み過ぎないさりげない庭づくりを行っています。

山にある樹木は、1本だけで単独で生きているのではありません。さまざまな種類の樹木が寄せ合うように、そして伸び伸びと葉を広げている情景が、自然な姿なのです。その自然な姿を住宅の庭に取り入れ、心地良い住環境をつくることが、雑木の庭の最大の魅力です。植栽を1本で見せることより、高・中・小の木々を木立に寄せ植えして組み合わせることで、手のかからない自然の森のように樹木が育つ環境を整えます。

ページトップへ

ウチとソトをつなげる半戸外空間のデッキ

縁側空間ともなるデッキがあると、外に向かう意識がより強くつくり出され、オープンエアーの心地良さを生み、暮らしと住まいのスケールが広がります。五感で自然を感じられる空間として、庭の楽しみを数倍にも増してくれます。


ページトップへ

アプローチこそ楽しむ

大きな樹木をくぐって、小さな草木に目を落とし、玄関に入るまでの流れを楽しむゆとり。アプローチは住まれる家族にとって毎日目にする最も身近な庭であるとともに、お客様を迎え入れるおもてなしの庭でもあります。周辺環境を考慮しながら、外に開きつつ丸見えにはならない程良い関係をつくるしつらいで、街にやさしいファサードづくりを意識しています。


ページトップへ

景色をつくる庭

室内から見える風景を木々で奥行きをもたせ、みどりを眺められるようにしつらえると、窓が単なる通風・採光のためだけでなく、生き生きと自然の息吹を感じる窓になり、せわしい日々からふと気持ちが解放されるような感覚を得ることができます。

ページトップへ

街にひらく庭

塀で閉ざした住宅は、塀による道への圧迫感と、個々で異なる作法の塀が混じり合って一体感のない景観が形成され、それぞれが独立した孤島のように感じられます。今ではこれが日本らしい住宅の特徴となっていますが、改善が必要です。

塀の代わりに木を植えることは家の表情を豊かにするだけでなく、実は防犯面でも有利になります。反面プライバシーの不安もありますが、植栽の種類や配置を工夫すると目隠し効果もつくり出せます。植栽を通して住戸と外部とのつながりをつくって景観を整え、道行く人が愛でるような庭ができると、街の財産になるでしょう。


ページトップへ

小さな庭

庭は必ずしも広ければ良いというものでもありません。

限られたスペースだからこそ木々の恩恵を近くで感じられたり、木々の力で庭の奥行き感を生み出したりと、狭さ故につくり出せる雰囲気や空気感があります。

ページトップへ

町なかで育てる、実りの庭

毎日の食卓を彩る、少量多品種の野菜づくり。自然に任せて、楽しみながら、ゆっくり時間をかけて育てていく、耕す庭です。

ページトップへ

自然石の味わい

雑木の木々や石などの自然素材で構成された庭は、年月と共に魅力が増していきます。安易で味気ない素材が増えてきた中、本物の質感、土地に馴染んで大地を感じる表情は味わいを生み、自然石の合間に四季折々の小さな草花が揺れ、おだやかな時間の流れをつくります。

ページトップへ
  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト