自然の恵みと共にある家。

「パッシブ」とは、アクティブ(能動的)の対義語で、受動的という意味で、
「パッシブデザイン」とは、エアコンなどの機械に頼ることなく、自然のエネルギーを借りて快適に暮らすことを目指した設計思想・設計手法のことを言います。自然のエネルギーとは、太陽の光・熱、地熱、雨水、そして風力のこと。それらの力を有効利用し、またコントロールすることで、地球にやさしく、健康的な暮らしを目指します。

でも何故パッシブなのでしょうか?当然パッシブデザインに取り組めば環境保護や省エネにつながります。それも大きな目的の一つですが、それと同じぐらいに大切なのは人が本能的に欲する「心地良さ」を実現することだと思います。「エアコンの温冷風」よりも「自然涼風」や「薪ストーブの温もり」の方が好きと言う人が多いはずです。

夏に向けてゴーヤやヘチマを使った「緑のカーテン」を始められた方も多いかと思います。目的は省エネ対策として窓から入る夏の日射を遮蔽するためですが、同じような効果を生む既製品があるにも関わらず、わざわざ手間がかかる対策をするのは何故でしょう。自然のエネルギーの恩恵を受けながらその自然と共生して暮らすことの心地良さは、理屈抜きで快適な暮らしなのかもしれませんね。


太陽光を活用

太陽の光を室内にまわす工夫をして照明の利用を最小限にします。

日射侵入抑制(夏)

夏涼しくするにはまず暑さのモトを断つ日射遮蔽が重要です。季節の太陽高度を考慮して軒や庇の出を調整して夏場の陽射しを室内に入れないようにし、シェードやすだれ、緑のカーテン等の設置が可能な外部形状を考えます。

自然風を活用

地理的要因などにより独特の流れや強さを持っている風。気象データや土地勘を生かしながら風の流れを考え、「通りやすく捕らえやすい」計画を行います。たとえ密集した宅地でも、袖壁や縦滑り出し窓などを風を受ける帆のように用いてダイレクトに風を取り込む手法(ウィンドウキャッチャー)や、屋根や窓の形状で気圧差を利用した採風の仕組みを造るなど、建物形状で室内に自然の風を誘導します。

太陽熱を利用(冬)

屋根面で太陽熱によって温められた空気を集熱し、それを室内に取り込んで蓄える「パッシブソーラーシステム」を利用。寒い冬も日射を利用して暖房コストを軽減。

庭をつくり、樹を植える

私たちが考えるパッシブデザインは建物だけでは終わりません。庭とつながることにより樹木がつくりだす微気候も家の中に取り入れます。出来るだけ土の庭を造り、大きな落葉樹を南や西側に植える。夏は生い茂った葉が陽射しを遮りながら風を通してくれますし、冬には葉が落ちて燦々と温かい陽射しが室内に差し込みます。

また雨樋からタンクに雨水を貯めて、庭への水撒きや非常用水に使用する雨水利用も役立ちます。

「冷」ではなく「涼」を求め、暑さを克服するのではなくやり過ごす暮らし方。
陽が射せば暖かい、風が吹けば涼しい、という当たり前のことを当たり前に享受して、自然の力を活かして気持ちのいい家をつくろうというのがパッシブデザインの考え方です。

ページトップへ

次世代ソーラーシステム「そよ風」

「そよ風」はパッシブソーラーのひとつで、昼間の太陽熱や夜間の放射冷却など自然の力を利用して、室内の温度を心地よくコントロールするシステムです。

寒い冬、太陽熱により屋根で温められた空気をファンで直接床下へ送り込み、基礎のコンクリートを暖めながら、床の吹き出し口から室内へ暖かい空気を送ります。コンクリートに蓄えられた熱はじわじわと床から室内に伝わるので、玄関・トイレ・浴室などの暖房を使用しにくい場所も含めて、家中の温度が足元からじんわりと柔らかい暖かさで整えられます。
ですが、暖かいと言ってもヒーターやホットカーペットのように熱さを感じる程の暖かさではなく、人肌のようにほのかに暖かいというものです。ですから、夜間や曇りの日には当然別の暖房が必要ですが、出来るだけ少ない暖房器具を補助的に使う事で、家全体が陽だまりの様な快適な暖かさとなるよう考えられています。

また夏の昼間には、室内の熱気を家の外に排出し、夜間は放射冷却を利用して冷気を室内に取り込むという仕組みも備わっています。

「そよ風」の効果を最大限生かすため、部屋と部屋、上階と下階をつなぐ空気の経路も考慮して、空気が淀みなく家中にまわるよう住まいの基本プランを計画することが重要です。一日中ゆっくり空気が動き、わずかずつ換気が行われ、新鮮な外気がゆっくりと取り込まれるので、誰にとっても健康に良い温熱環境をつくることができます。

ほのかに温かい“輻射熱床暖房”

日中に熱を取り込むだけでは太陽が沈むと冷めてしまいます。そこでコンクリートの性質を利用して、昼間の余分な熱を基礎コンクリートに溜めておき、外気温が下がるにつれてゆっくりと放熱することで室温の変化を緩やかにします。ほのかに温かく、室温の温度差が少ないのが特徴です。


涼風・暖房・循環・お湯採り・雪とかしができる

涼風取入れ、補助暖房、屋内空気循環、お湯採りの機能があります。夏の夜は放射冷却を利用して涼しい風を家の中へ。補助暖房もお湯採りも選べます。


夏涼しい・屋内が暑くない・小屋裏が部屋として使える

夏の日中は直接屋根の上で排気し、不要な熱気を屋内に取り込みません。暑くないので小屋裏へ上るのが苦ではなく、収納物も傷みません。


地球にも家計にも優しく経済的

家の大きさで機材・部材の組み合わせが変わり、経済的で合理的な部材選択ができます。

また「そよ風」のエネルギー消費はファンの稼動だけで、その電気代はわずか電球1個程度で経済的です。日常のランニングコストを抑えて太陽もエアコンもストーブも賢く無駄なく利用します。



<冬の昼間:温風取入運転>

冬の朝日射があり、棟温度が22℃以上になるとダンパーが開き、取入ファンがまわって温風の取り込みがはじまり、同時に床下に蓄熱します。トイレや洗面所を含め、部屋の隅々まで暖かくなります。

<冬の夜間:暖房循環運転>
 昼間あたためた床下の蓄熱層からの放熱で室温を保ちます。しかし、昼間日射がなく寒いときや夜間に蓄熱が足りないときは、ストーブや補助暖房を使用して「そよ風」で循環運転をさせると、ストーブの熱を家中に広げることができます。一部の床だけを暖める床暖房とは違い、家中が快適です。


<夏の昼間:排気・冷風循環運転>

夏の日中、屋根は高温になります。「そよ風」は屋根の熱気を家の中に取り込まず、排気ファンにより直接外に排気します。
また補助的にエアコンで冷房しながら「そよ風」で循環運転をすると、冷えた空気が天井まで押し上げられ循環し、涼しさを家中に広げます。

<夏の夜間:涼風取入運転>
夏の夜、金属屋根は放射冷却によって冷たくなります。冷たくなった屋根を利用して空気を冷やし、室内に涼しい風を送り込むと同時に床下のコンクリートに蓄冷することで、朝の室温上昇を抑えます。

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報