ていねいに暮らしをデザインする

空間やカタチだけでなく、しつらえ方や暮らし方、そして目に見えない温熱環境など、様々な暮らしの情報をていねいにデザインすることにエネルギーを注いでいます。

そのために私たちが大事にしている基準「ものさし」があります。
そのものさしを用いてつくる私たちのスタイルを
木成りの家と名付けました。
無垢の「木」をふんだんに使い、シンプルで気持ちの良い「生成り」のように人に優しく、でもしっかりと長持ちする住まい・・・それが「木成りの家」です。

それは、使い込むほどに馴染み、味わいが深まる・・、それでいてしっかりとしたデニムジーンズのような家そのものです。シワを気にせず、どんなコーディネートにも似合う、決して飾ることのない普段着スタイルの木成りの家はいかがですか?

ページトップへ

設計の[ものさし]

1.場を読む

いい家をつくるための手掛かりはその立地や環境にちりばめられています。
そこから見える風景や光・風といった情報を、五感を生かしつつ周囲の聞き取りを通じて場の特徴を読み込むことを大切にしています。その条件に決して抗うことなく素直に受け入れながら、敷地の全てを生かしきる設計を心掛け、「その場ならではの暮らし、その敷地でしかできない住まい」と呼べるような土地にしっくりと馴染んだ家づくりを目指しています。

2.必要充分を見つける

理想の暮らしを考えることはまず自分を知ることから始まります。
家づくりは住まい手にとって本当に欲しいモノ・コトは何か、求める暮らしに何があれば足りるのかを探り、そこに優先順位をつける作業が何より大事だと考えています。ですから私たちはお客様自身も気付いていない「必要充分」という、無理もせず身の丈に合ったほど良い暮らしを見つけるためのヒヤリングや面談に多くの時間を費やしています。住まい手となる家族の「真意」をしっかりと読み取り、プロとしての「最適解」を導き出して心豊かな暮らしを提案するのが北村建築工房の得意とするところです。

3.「箱」ではなく「場」をつくる

心を豊かに暮らすためには、部屋を並べた「箱」ではなく、暮らしを愉しめる居心地の良い「場」をしつらえることが大切です。そこで誰が何をするかどう過ごすかを一緒に考えながら、たくさんの居場所をつくる設計を心掛けています。たとえ狭くとも家族それぞれがワクワクするようなお気に入りの「居場所がある」家は、家族がつかず離れずの程良い距離感で暮らせる家でもあります。

4.小さく建てて伸びやかに暮らす

「必要充分」を見極め、「場」を考えた暮らしの延長上に「小さく建てる」があります。
漠然と欲しい広さを求めて設計を進めてしまうと、なかなか途中から家を小さくする作業は難しく、なによりもこだわりであったはずの自然素材や無垢材を予算を抑えるためにあきらめることになっては本末転倒です。
たとえ限られた空間であっても「視線の通し方」・「明と暗」・「高と低」など空間のメリハリや、回遊導線をつくるなどの様々な工夫で、面積では測れない奥行きと広さを感じる気持ちのよい空間は作れるものです。また、ひとつながりであるかのような小さな家は、とても自由でおおらかと言えます。
「足るを知る」ことで、小さいということが決して無理や我慢をする家ではなく、むしろ光熱費もかからず、家全体の温度ムラも少ない上に、掃除も楽になるなど、良いコトづくめです。
さらに、小さく建てることは敷地が狭くとも家の周囲にゆとりを生みます。そのスペースに好きな樹木を植え、ソトとつながるようにすることで、南庭に限らない四季折々の自然の移ろいを感じる心豊かな暮らしを手に入れることが出来ます。

5.時を読む

家づくりはどうしても今を大事に設計してしまいがちですが、何十年も先の家族構成や暮らし方の変化にも柔軟に対応できなければ良い設計とは言えません。
数年ごとの家族の暮らしぶりや趣味嗜好の変化に合わせてカスタマイズできる可変性を持つよう設計することで、流行によらない永く暮らすことのできる家になると考えます。
また木成りの家で採用している厳選した本物の無垢材や自然素材は、住まい手と共に歳を重ねて味わい深い風合いに経年美化していきます。それは愛着となって手を入れながら大切にしたいという思いを生み、時が経つほどに趣のあるヴィンテージ品のような家となります。永い時を想いながら数十年後に成熟していくようにしつらえる設計を心掛けています。

6.ソトとつながる マチにひらく

ウチとソトがつながることで、室内に光や風などの自然を取り込みつつ、暮らしが外へ外へと広がっていくように自然とともに伸びやかで気持ちのいい暮らしを手に入れることが出来ます。
そのために北村建築工房では大きな開口の窓を設けた先に、広いデッキや濡縁などの「ウチとソトのあいだ」となるあいまいな領域を設け、四季の移ろいを感じる雑木庭を随所に配して、おおらかにソトとつながる広がりのある空間づくりを得意としています。

また、家は住まい手のものであると同時に、マチの風景の一部であり財産でもあります。決してひとりよがりでなく、道行く人が木々の緑や実が成るのを愉しみにするような、街に開かれてしっくりと溶け込んだ住まい・・自分達が暮らす街の豊かさに寄与できるような家や庭づくりを提案しています。

7.シンプルで余白のある家

北村建築工房が手掛ける家は至ってシンプルな間取りやカタチが多いことが特徴です。
シンプルであるほど構造やメンテナンスなどのコストに余計な負担がかからず、工事費も抑えることにもなります。またどんなに狭くとも、家族構成の変化や嗜好の変化に対応でき、いつまでも飽きのこない家にするためには、暮らしを重ねるなかで住まい手の意思を反映できることが重要で、決して造り過ぎないよう意識した「余白」のある設計を心掛けています。

8.温熱環境をコントロールする

パッシブデザインは機械に頼りすぎず少ないエネルギーで暮らすための自然の力を借りるアイデアです。夏の陽射しを庇やすだれで抑え、冬の温かな陽射しをしっかりと取り込み、その土地独特の風や季節ごとの風を取り込むなど、自然の恵みを最大限に生かしコントロールするためには、我が家の特性をつかんで状況に応じ小まめに行動する「ひと手間」が必要ですが、そのほんの少しの行動が、エコな暮らしで自然と上手く寄り添って暮しているという実感を持つことになり、いつしか「やりがい」や「暮らす歓び」になるのです。
このようなひと手間のある日常が心を豊かにする暮らしに通じていると考えて、環境にも住まい手にも優しく愉しみながら暮らせるためのパッシブデザインを提案しています。

ページトップへ

本当に良いものをつくるために

北村建築工房のコンセプトや実例が皆さんの感性に響き、また「ものさし」に共鳴したならば、それが皆さんと「一緒になった家づくり」のスタートラインです。
是非私たちとともにワクワクするような「心に響くものづくり」を進めてみませんか?

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト