北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
イベント

構造を考えるコト

  • 2012.01.17
  • 北村 佳巳

今日は阪神淡路大震災からちょうど17年。
あれから住宅では様々な基準法の改正、そして耐震対策が進んできました。
それでもまだまだ進化の途中、少し前に話題になった行政による3階建住宅の実物試験の失態などを見ればお分かりの通り、やはり万全ということはありません。だからこそ慎重に確実に、出来る限りのことにひたすら取り組む。常にそう考えながら一棟一棟構造や空間のコトを考えているつもりです。

先週の日曜日に開催した鎌倉市佐助の「佐助ヶ谷ハウス」構造見学会では、そのような取り組みを見て頂きました。鎌倉の谷戸は底冷えがきつい上に、車両進入制限の為に徒歩でのご来場をお願いしたにも関わらず、9組の皆さんにご来場頂きました。開催を快諾頂いた施主のS様、ご来場頂いた皆様の熱意にもお礼申し上げます。

葉枯らし天然乾燥

パッシブソーラーシステム そよ風

静岡県天竜の葉枯らし天然乾燥材を用いた構造体をご覧いただいたのですが、天然乾燥ならではの肌身の良さがお分かり頂けたと思います。施主様と一緒に伐採見学と化粧材の選定を行った、思い入れのある構造です。

パッシブソーラーシステムの「そよ風」に関心が高い方も多かったです。
ちなみに2/5(日)には真冬の「そよ風」の効果を体験できるお施主様宅訪問ツアーを予定していますので、時期限定での体感ツアーに是非ご参加ください。

そして今週末には、以前のお宅で長い間に渡って構造や地盤に悩まされてきたお施主様が行きついた家づくりが完成を迎えます。
ただひたむきに安心できる家を目指したお宅 「直向(ひたむき)な家」の完成見学会がいよいよ開催されます。
一番寒いこの時期ですが、室内は暖かくしてお待ちしておりますので是非ご来場くださいませ。



「直向(ひたむき)な家」 in 横須賀市武

日時:平成24年1月22(日)

AM10:00~PM16:30  予約制 (当日のご予約はお電話にてお願いいたします)


小さな家長年住み慣れた土地で、建て替えを決められたご夫婦お二人の終の住処となる家です。
延べ床面積が24坪という小さな家ですが、コンパクトながらも快適に家族三代が集まって楽しめるような住まいを目指しました。小屋組みのないちょっと変わった構造体で、紀州山長商店の杉を構造体に採用した国産杉の家です。



お問い合わせ・お申し込みは見学会・イベント情報ページをご覧ください。

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報