北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
イベント

万遍なく風の通る家

  • 2013.07.29
  • 北村 佳巳

昨日は葉山町堀内の「nookモリノイエ」で完成見学会を開催いたしました。
蒸し暑かったですが、相模湾から吹き上がってくる海風でエアコン要らず。
全開放の窓を開け放って気持ちの良い一日となりました。

お世話になったお施主様を始め、以前に建てさせて頂いた住まい手さん方が素敵な差し入れを持って遊びに来て頂いたので営業もそこそこに^^;楽しませてもらいました(笑)
ご来場頂いた皆さま、本当に有難うございました。

葉山町堀内の家

さて、こちらでは立地を考えて、4方位に渡って万遍なく風が通るプランニングを意識したお宅ですが、私としては家のどこに居ても気持ちの良い風が通りぬけて行くのを検証も出来た一日でもありました。

軒もしっかりと出して夏の日差しを入れず、逆に冬には家の奥までしっかりと陽を入れる対策を施してパッシブデザインも考えています。勿論自然エネルギーだけでなく、家本来の高い断熱性と気密性は当然のものとして取り組んでいますが、今回はそれに加えて、国産の高性能木製サッシ「プロファイルウィンドウ」を全窓に採用するなどスペックをさらに高めた造りとなっています。

湘南で家づくりをする人には憧れのひとつでもある薪ストーブも採用。その熱量の高さを有効に使うために、家の中心となる吹き抜けを介して効率よく空気を循環する空間づくりとしています。

また珪藻土と厚さ3cmもある超幅広の吉野杉フローリングを始め、杉で囲まれた室内に、純白の珪藻土で仕上げた空間も好評でした。やはり本物の素材の力は理屈ではないですねぇ。


当社でも畳コーナーはよく計画をしますが、こちらのお宅では奥様の希望もあり、あえて3帖ほどの茶室のような小さな籠り部屋として計画しています。キッチンのすぐ脇にあり、ちょっとゴロンとする休憩室に・・また洗濯物を干すためのショートサーキット動線でもあり、洗濯物をたたんだりもできます。また籠って窓先にある竹林庭を眺めながら本を読んだりする「間」でもあるのです。

桜の一枚板を用いて掘り込みカウンターを造作。障子をあけるとリビングとその先の庭が一望できます。

籠る和室

へりなし畳と土佐和紙でしつらえた籠り部屋は時間の流れが違います。

土佐和紙 和室

そのほかにも色々なこだわりが詰まったお宅ですので、少しづつ紹介していきますね。
秋口には、この広大な庭にボリューム感のある雑木林が出来る予定ですので、こちらもまたお楽しみに!


  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報