北村建築工房

フェイスブック
ツイッター
日々のこと

おいでませ、山口。

  • 2013.02.13
  • 毛利 陽子

渋谷ヒカリエに行ってきました!

というのは、ロングライフデザインをテーマに活動しているD&DEPARTMENT PROJECTが出している旅本「d design travel」で、最新作『山口号』の出版を記念して「d design travel YAMAGUCHI EXHIBITION」がヒカリエで開催されているからです。初ヒカリエ♪

d design travel-2この本は、「る○ぶ」「まっ○る」のようないわゆる商業的な臭いがプンプンする旅行本とは全く異なり、47都道府県それぞれの土地に長く続く「個性」「らしさ」をデザイン的視点から選び抜かれたモノたちが掲載されています。

会場には本の内容と連動して山口の工芸品や特産品が展示され、併設されている「d47食堂」では2月限定メニューとして「山口定食」が登場!

これは食べに行くしかないでしょ~!!ということで、大学時代の親友たちと集まったのでした。

おっと、申し遅れました、大学4年間を山口で過ごしました毛利です。


まずは展示ブースから散策。

萩焼
言わずと知れた萩焼。
やさしい色あい。
いつか揃えたいな~と夢はふくらむ。








瓦そばこちら名物「瓦そば」。

熱々の瓦の上に緑色の茶そばをジュワッと焼き、錦糸卵、牛肉、レモンにもみじおろしを載せます。
なんで瓦なのかは分かりません^^;

大学時代はフライパンでこれ作ってました。









カピン珈琲さらに、大学の後輩がご主人とやっているというCAFEも載っていました。

凄腕の焙煎士で、オリジナルの珈琲器具・器も製作しているそう。
















会場にはもっとたくさんの要素が展示されていますが、本には私も大学オケで演奏した村野藤吾設計のホールや、主人のバイト先のホテル、歩いてすぐの記念館などなど知っているところも盛り沢山。

このようなフィルターを通して見ると、懐かしさというよりも、改めてその良さを気付かされかなり新鮮でした。

ですが反面、実際に住んでいたときは素通りしていたものもあり…。

旅をするときはその土地らしい宿やギャラリー、カフェや工房を探すのに、
生活しているところでは近過ぎて見向きもしていないコトやモノって沢山あるのです。

あーもったいない!
ちょっとした気持ちの持ち方で新しい発見がそこここにあり、自分の好きな空間・モノを見つけては、好きな時間が過ごせるかもしれないのに。
日々家づくりを考えていく中で、”暮らしの豊かさ”へつながるヒントにもなるでしょう。

住んでいた街の本だからこそ、日々のアンテナの張り方を再確認できた気がします。


続いて、d47食堂へお目当ての山口定食を食しに!

d47食堂山口産のトラフグ雑炊がメインの定食!
大学時代、市場でフグを買ってお店に持ち込み、刺し身、唐揚げ、鍋や雑炊、ひれ酒など、教授のおごりで贅沢な夜を過ごしたこともあったな~なんて思い出にひたってもいたのですが、
なんとフグの在庫が切れて定食はお休みですって…(泣)。
代わりに高知県の親子丼定食を食べてきました。。。美味しかったけど、残念でした。


本州の端っこにある山口、
中国地方に行っても大概が広島でしょうし、九州へ行くときは素通りされる、ちょっと馴染みの薄い県でしょうが、良いところ沢山あります。この本かヒカリエか、機会がありましたらぜひぜひ一度のぞいてみてくださいね!

d design travel

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業99年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報