北村建築工房

フェイスブック
ツイッター

こだわりラボ

家づくりにスタンダードはなく、住む人の想いや暮らし方で、家のカタチは変わります。
心地よい空間、使いやすい空間を手に入れるには、「こうしたい」をはっきりさせることが大切です。
お施主様それぞれの”BEST”を形にした実例を、ポイントごとにご紹介します。

  • Style8
  • Style7
  • Style6
  • Style5
  • Style4
  • Style3
  • Style2
  • Style1
  • blank
  • blank
  • blank
  • blank

Style3 アウトドアリビング

Case1

駐車場上を利用して、2階のリビング横にデッキを設けました。
のんびり日向ぼっこしながら読書をしたり、
お茶をしたり、お花の鉢の手入れをしたり、
ミニサッカーをしたり、ここは自由に遊べる場所。
暮らしの中に+αのゆとり空間が生まれました。
安全のためのフェンスは外からの視線も遮り、
気持ち良い時間をゆったりと過ごしています。

大きなデッキのある家

Case2

Case2

10帖のリビング空間とデッキをフルオープンサッシで
シームレスにつなげることで、
実際に体感する空間は数字よりもとても広く感じます。
デッキにはお施主さま念願のハンモックを取り付け、
全身で太陽を感じ、ゆったりのびのびと過ごされています。

珪藻土間と大黒柱のある家

Case3

本来一番日当りの良い南側は隣宅と接しているので
壁面にして物干スペースとし、
見晴らしの良い東面に全開口サッシを設けてデッキをつくり、
リビングからの眺めは常に整然と落ち着きのある景色を
楽しめるように配慮しました。
また天井を吹抜けにして梁上にFIX窓を
設けることで空も開放し、
限られた空間にさらに広がりを生み出しました。

見晴らしデッキのある家

Case4

2階のリビングからは、少し離れたところに電車が
平行して走るのが見えます。
ペットを飼える大きなデッキテラスに
こだわったお住まいですが、
開放感を得ながらも外からの視線を程よく遮るために、
このデッキを外との緩衝材として利用しました。

大きなDKテーブルのある家


Case4

Case5

見晴らしの良い高台に建つこちらのお宅では、
リビングからひと続きになったデッキに出て、
山々や街の景色を眺めたり、
庭の木々や家庭菜園の野菜たちを愛でたり、
のんびりお茶ができるスペースになっています。
デッキの落ち止めの横桟はベンチにもテーブルにもなり、
お施主さまご家族の楽しい声が響き渡ります。

はなさくいえ

Case6

1、2階でそれぞれの暮らしをいとなむ
独立型2世帯住宅のY様邸では、
各階それぞれのリビングに接してデッキを設けました。
両世帯の生活ゾーンはしっかり分けながらも、
間に位置するシンボルツリーの緑を互いに眺めながら、
程良くつながり視線が行き交うウッドデッキです。

和と輪の家

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト

見学会
情報