北村建築工房

フェイスブック
ツイッター

「casetta546」 完成見学会開催 終了しました

  • 2016.06.13
  • 北村 佳巳


景勝地の秋谷からほど近い、横須賀市芦名の長閑な場所に建つ 「casetta546」 (カゼッタ ゴーヨンロク)。
イタリア語で「ちいさい家」という意味のcasetta (カゼッタ)。それに家の辺寸法 546cm×546cm を「546」と表しています。つまり3間角というサイズで建坪9坪、延べ床面積17.7坪という小さな家!

サイズも特徴ながら、敷地も負けていません。敷地の外形はダイヤモンド、いやスーパーマンのロゴか扇子の形そのものといった感じ。さらには四方がほぼ道路に囲まれているという、なかなか出合えない難条件な敷地です。そんな条件に対して弊社が出した答えは奇抜なものではなく、普段通りの設計基本である風の通りや日射取得、遮蔽はもちろん小さいながらも視線止まりをなくし、吹き抜けを設けつつ狭苦しく感じさせない弊社らしい工夫をこらしております。

キーワードは「小さく建てて、大きく暮らす」。
このスケールは家づくりを考えている方にとっては家族にとって本当に必要なサイズやしつらえを導き出すヒントになることと思います。
この広さでもいけそうだな、これにタタミコーナーを足したいな、書斎も欲しいななどなど、ここをベースに1坪2坪増やすなど検討されても良いかもしませんね。
北村建築工房ならではの、図面の数字では図れない空間の広さや外部とのつながりを各所に散りばめていますので、是非この小さなスケールをお楽しみに!

DSCF8184


「casetta546」 ~ 完成見学会 in 横須賀市芦名

日程: 平成28年7月17日(日)
時間: AM10:00~PM16:00 予約制

※お申し込みは家づくりをご検討中の方のみとさせて頂いておりますので予めご了承くださいませ。


□見学会の見所

◎許容耐力計算法に基づいて金物配置や耐力バランスを考え、安全で確実な住まいをご提供しています。

◎夏涼しく、冬暖かい改正省エネレベル&長寿命対策を施した住まい
断熱には100倍に膨らむ現場発泡のモコフォームを壁に採用。屋根や床には高性能のネオマフォームを充填しています。また屋根壁共に通気工法を採用して、湿気に強い高寿命で快適な家となります。

◎床下エアコンシステムで快適な温熱環境を目指しています
冷え込みがちな一階まわりを夏冬ともに快適にするため、床下半埋め込みエアコンの使用法によって床下空間を利用し家中をむらなく空気を対流できるデザインとしました。コストパフォーマンスに優れ、エアコンが苦手な方にも優しく、体感的にも気持ちの良い環境を目指しました。


◎防蟻材には人体に影響のないホウ酸を用いた木材保存剤をプロの技術者が施工処理する責任施工システム採用。
揮発・蒸発することがないため、再処理が不要で長期にわたって家をシロアリなどから守ります。

◎内装は吉野桧の無垢フローリングに、 珪藻土やオガファーザーなど自然素材を用いています。
床材には蜜蝋ワックス仕上げの吉野桧フローリングを採用。壁天井には栂の羽目板や珪藻土・ウッドチップ壁紙などの自然素材で仕上げました。

◎オリジナル造作家具で室内の調和を図る
キッチンや収納家具などは大工造作による完全オーダーメイド品です。家具や床材・扉など、素材やデザインを統一することですっきりとした空間をつくります。

◎新たにデザインしたオリジナルダイニングテーブルも展示&販売
木とスチールの組み合わせで、材種や鉄部の色をアレンジでき、小さな引き出しもつけた「KINARI TABLE」を展示します。


※なお、見学会はお施主様のご厚意により開催させて頂いておりますので、内覧の際に弊社からお願いする点についてご理解とご協力をお願いいたします。

 

  • お問い合わせ
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話番号053-545-6040 ファックス053-545-6043
  • メールフォームからのお問合せ・資料請求

株式会社 北村建築工房 〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

ページトップへ

横浜・横須賀・湘南を中心に創業98年。無垢材・自然素材と個性的なデザインの「木成りの家」にこだわる、設計事務所&工務店の北村建築工房です。


施工エリア:横須賀市、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市、栄区、金沢区、磯子区、港南区、戸塚区、中区、南区、泉区、西区、保土ヶ谷区、旭区、神奈川区、鶴見区、港北区


株式会社 北村建築工房
〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町2-13

コピーライト