Kitamura Kenchiku Kobo

火を眺めていると、時間を忘れ、静かで暖かい気持ちになります。火のあるところには自然と人が集まり、やさしく揺らぐ炎を眺めて、
やすらぎの時間を過ごしたり、会話を愉しまれたりしています。薪割りや火熾し、火の管理は少々手間もかかりますが、
手間を愉しみ、冬を愉しむ、そんな心のゆとりのある生活です。火のある暮らしは、豊かな時間が流れています。

  • CASE01

    CASE01

    その佇まいが、
    すでに温かい。

    CASE01

    火を灯さなくても美しいかたち。

    薪ストーブは冬を愉しむ最高の道具ですが、そこにあるという存在だけで心をあたためてくれる安心感が生まれます。

    ピキャン社「ネクターマーク2」

家づくり・土地探し・
リノベーションのご相談は、こちらから
お気軽にお問い合わせください。